在庫20万冊はこちらから検索
商品
作者

混淆世界ボルドー 特集


BOLDOR:APOCRYPHAーボルドー戦録外典ー第2集「キャンダー編」 上巻

【ジャンル】同人誌
【発売日】2017-01-01
【作者】市川裕文
【出版社】ボルドー再征計画
【価格】¥1,234
メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
【判型/頁】B5判/72ページ
【ジャンル】オリジナル
【作品紹介】
混淆世界ボルドー単行本未収録作品集待望の第2弾!今回は本編でもイイ味を出しているグリフィス教の若き日の冒険譚キャンダー編「シージ・ペリラス」を新作掻き下ろしページアリで完全版として同人誌化しました。本書は上下二分冊の上巻になります。
【オススメコメント】
「キャンダー編」キターーーーーー!!
魅力ある作品だからこそ、まだまだ色あせず新しい情報を欲しがるファンがいる。30年近くも前に2冊で終わった作品だというのにこれだけのファンがいる作品があったであろうか。いい時代になったものだと。 そう!遂に外伝第2集発売決定です! それも上下巻で2分冊したからと言って薄くならずに72ページ。
大歓喜! もう少しですぞ!
コメント:星野 12/8UP
【サンプル画像】

BOLDOR:PHANTOGLYPH —ボルドー幻視録—

【ジャンル】同人誌
【発売日】2016-01-01
【作者】小野敏洋 大嶋優木 マーシーラビット たじま 前野圭一郎 高屋浩志 他
【出版社】ボルドー再征計画
【価格】¥756
特典 メール便可
通常便:翌営業日発送

【購入特典】

【内容紹介】
【ゲスト-Illustration-】
小野敏洋、大嶋優木、マーシーラビット、たじま[田島製作所]
【記事】
「T-REXまえちんのブランゼラー立体化奮戦記」前野圭一郎[T-REXTOYS]4p
「混淆世界ボルドー史」ボルドー名セリフbot 4p
「混淆コラム ボルドー人(ボルドラン)への道」高屋浩志7p
市川裕文「混淆世界ボルドー 蔵出しデザインワークス」6+2p
with ボルドー再征計画(KOROSUKE・大村はるき・ヒゲ番長)
【作品紹介】
『混淆世界ボルドー』世界に魅了されたファンによるファンブックです。
【サンプル画像】

BOLDOR:APOCRYPHAーボルドー戦録外典ー第1集「ベラトリア編」

【ジャンル】同人誌
【発売日】2015-08-25
【作者】市川裕文
【出版社】ボルドー再征計画
【価格】¥1,296
メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
【判型/頁】B5判/88ページ
【ジャンル】オリジナル
【作品紹介】
1988年から雑誌『サイバーコミックス』に掲載された市川裕文著のSFファンタジーコミック『混淆世界ボルドー』の。単行本未掲載作を原作者本人の監修にて書籍化(同人誌)。
本作は当時サイバーコミックスに掲載されたものの、単行本には未掲載だった外伝の1編です。 本編の主人公“カズマ”が出てこない等、マニアックな内容の作品ですが、 そこはやっぱり市川先生。ちゃんと“読ませる”SFに仕上げています。
今回は、原稿をデジタルで取り込み写植も打ち直した上、作者本人の監修でセリフにも修正が入っています。
一昨年、復刊どっとコムより再版された『混淆世界ボルドー』1,2巻と併せてボルドーの既作原稿の補完に1歩近づきました。
【オススメコメント】
これを喜ばずに何を喜ぶのかと!当時才能が集合して発行されていた「サイバーコミック」の中でも注目されていた「混淆世界ボルドー」が去年復刻され、それだけでも嬉しかったのに単行本未収録の作品が同人誌で復活となりました。 サイバーコミック後期の作品ということと、外伝ということで見逃している人もいるかと思います。まだまだ「混淆世界ボルドー」は終わらんよ! ということであの時ファンだった人も、初めて知った人も是非とも手にして欲しい作品です。
ファンタジー+ロボ。この組み合わせを違和感なく描いている数少ない作品です。
【サンプル画像】

混淆世界ボルドー


混淆世界ボルドー(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-03-20
【作者】市川裕文
【出版社】復刊ドットコム
【価格】¥2,052
メール便可
通常便:お取り寄せ

【内容紹介】
母親と二人暮らしのカズマは度重なる体の不調に悩まされていた。そんな時、カズマの元に現れた女性に父親が異世界で生きていることを教えられ異世界へ飛ばされる。カズマが飛ばされたのは魔法と科学の両立する世界・ボルドーだった。一国の王となっていた父親に巨大マシン・ブランゼラーの乗り手となることを強いられたカズマは戦いに送り出されてしまう。 戦いがルール化され、死の価値が現代とかけ離れている世界に戸惑うカズマ。 カズマの戸惑いとガルテンの戦闘ロボット・ガイムリーの予想以上の力にブランゼラーは…
【オススメコメント】
今にしてみると凄い面々がそろっていたサイバーコミックス。そんな中に圧倒的な存在感を放っていた作品がこの「混淆世界ボルドー」です。いまだに私も捨てられずに本棚に飾られ、いまだに続編を期待していたりしています。 剣と魔法と科学と巨大ロボが存在する世界。人間と接合し更なる力を発揮する巨大ロボ・竜神兵。魔法のある世界で魔法を否定し現代科学で立ち向かう敵国。悪魔を使い武器にするブランゼラー。魔法に焦がれる敵ロボット・ガイムリー。自分の国を作り出し「固有時制御」でブランゼラーたちを苦しめる悪魔ジェラルカーン。時間を止められて囚われている姫。などなど、魔法と科学が見事に調和し、今読んでみても色あせないすごい作品でした。それだけに2巻で途中完結してしまったのが悲して悲しくて…。 この復刻を機会にぜひ読んてみてください。
コメント:星野 2/1UP

混淆世界ボルドー(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2014-06-17
【作者】市川裕文
【出版社】復刊ドットコム
【価格】¥2,052
通常便:お取り寄せ

【内容紹介】
伝説のロボファンタジー 奇跡の復刊!世界を舞台に活躍するトイ・デザイナー市川裕文の原点がこれだ!カズマは退屈な宮廷暮らしを抜け出して、伯爵となっても傭兵を続けているルーガンのもとを訪れた。そのとき、リーシールが紛れ込んだという騒ぎが起こった。カズマは、そのリーシールが普通のリーシールとは異なっていることを感じ取って話を聞く。カシューと名乗るリーシールは、かつて栄えながらこつ然と地上から消失してしまった「ジョガ王国」は悪魔によって嵐の海に隠されてしまい、囚われている王女・ウォルガ姫を助けてほしいという。カズマとブリー、ルーガンとジオロアたちは嵐の海を目指して旅立つ。嵐の海に広がる雷雲を吹き払うと、そこには軌道エレベータの原理で宇宙から吊り下げられたジョガが出現した。ジョガと竜神兵バドゥームを支配する悪魔ジェラルカーンは、バドゥームの中にウォルガ姫を閉じ込め外部からの攻撃の盾にしている。ウォルガ姫を助ける唯一の手段としてカズマは危険をおかして直接バドゥームに乗り込んだ。その一方、カズマが地球を去るときに聞いたなぞの言葉「アドラマイン」の正体がザヴィニアで判明するのだった。

本ホームページに掲載の画像・写真などを無断で複製することを禁じます。
Copyright (c) 2001 MANGAOH CLUB Inc. All rights reserved.