在庫20万冊はこちらから検索
商品
作者
購入特典リスト
限定版リスト

コミックオススメTopics 2011年7月

Angel Beats! -Heavens' Door-(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-27
【作者】浅見百合子  
【原作・原案】麻枝准(key) 
【出版社】アスキー・メディアワークス
【価格】¥616
通常便:お取り寄せ
【内容紹介】
学園で目覚めた岩沢はギターを手に歌い始める。歌えることへの喜びに震える岩沢に、ひさ子はこの世界への戦いの共闘を申し入れる。Girls Dead Monsterの2人の運命の邂逅! 描き下ろし短編も収録!!
【オススメコメント】
やっと2巻発売だー! 前半はチャーvsゆりっぺ&日向&大山、後半は満を持しての岩沢&ひさ子が登場です! 前日譚からは少しはなれてガルデモですよ!! バンド結成からひさ子の過去話やCrow Song誕生、2人でのゲリラライブと見どころ満載すぎるですよ~ そしてなにより、描き下ろしマンガのゲリラライブの後日談です。岩沢さんてば、人間は中身だ。胸でいうと感度だ! とかセクハラ発言連発したり、風呂上がりのひさ子の胸2弦の先端で突いたり、キャラコメを彷彿させるような岩沢のボケとひさ子のツッコミが面白すぎる!! ガルデモ最高!!

軍靴のバルツァー(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-08
【作者】中島三千恒  
【出版社】新潮社
【価格】¥596
特典 メール便可
通常便:お取り寄せ
【購入特典】ペーパー2種
【内容紹介】
19世紀帝国主義時代。若く戦闘に関してずば抜けた才能を持つバルツァー少佐は軍事大国・ヴァイセン王国から同盟国・バーゼルラントの士官学校へ教官として赴任することになる。 同盟国間の交流というのは名目で、その密命は軍事後進国であるバーゼルラントの軍政改革を推し進めるというものだったが、バルツァーが目にしたのは今だ騎兵が華とされ、一世代も古い武器を使う砲兵の姿だった。 平和に馴れきった教官と生徒達をバルツァーは変化させていくことができるのか?
【オススメコメント】
巧い!巧すぎる!街に戦場、兵器に衣服、馬などの生き物たち。あらゆるものが緻密に描かれていて絵を眺めているだけでも満足させてくれる実力派作家である中島三千恒氏の新作が発売となりました。今まで歴史系コミックを描いていたので見逃されていた作家だと思いますが、いや~凄いわ。 19世紀のヨーロッパを彷彿させる架空の国が舞台。軍事先進国で教育されてきたバルツァーが同盟国である予想以上の軍事後進国の士官学校の教官として赴任し、周りと対立しながらも自分の教えを浸透させていこうとする。とそんな熱血熱血で熱すぎるわけでもなく、エリートコースから外れないように頑張る主人公が格好いい作品です。 19世紀の兵器の扱い方、使用方法、戦術など、これらの描写だけでもためになる作品かと。女性がほとんどというかモブキャラしか出てこない男臭い作品ですが、熱く面白い今注目の作品ですよ。
コメント:星野
【サンプル画像】

素足のメテオライト(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-08
【作者】小西幹久  
【出版社】マッグガーデン
【価格】¥617
メール便可
通常便:在庫なし
【内容紹介】
神様はいないし、望みは叶えられない。平凡な日常が続くことが当たり前で平穏大好きな有介の日常は自宅が消滅していたことより破られる。そこで見つけた石から生まれた少女はダルミルと名乗り神だと告げる。何も叶えられないことが当たり前だった有介は望めば何もかもが可能になるということをダルミルから教えられるのだが……。神が顕現し、そして神を狙う謎の化物が現れる。非日常と化した有介とダルミルの物語が始まる。
【オススメコメント】
何もかも望むは叶うが反動で腹が下る。ヤルときはヤルけれど、ヌけていてダメ人間。そんなお笑い系有介と涙で男の心を揺さぶる小悪魔系ツルペタ神ダルミルとのドタバタコメディが繰り広げられる「素足のメテオライト」が始まりました。描くのは初単行本となる小西幹久氏。人と神が奇妙で笑える新しい関係を描いたコメディ作品です。まあ、ダルミルが可愛いと伝わればとりあえずいいです。

魔法少女プリティ☆ベル(4)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-08
【作者】KAKERU  
【出版社】マッグガーデン
【価格】¥617
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
厚志が拘束され桜は倒される。圧倒的な力で復讐に滾るマスケレイタは天使の殺戮を望む。1vs多数。人数では補えないほどの想像以上の力の前にガーネット達は覚悟を決めるが、その時「戦車」レモネードが現れる。相容れない2つの力。この未来は?
【オススメコメント】
最初から最後まで全力バトル。厚志が参加しないために笑いのないマジバトルが4巻の半分以上続きますよ。圧倒的な変態、でなくて魔力。どうなるこのバトルと熱くなっていた直後に……。なにあのストパンは……。やっぱり変態っていいねとか思ってしまう安心の4巻です。

ウィッチクラフトワークス(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-07
【作者】水薙竜  
【出版社】講談社
【価格】¥596
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
火々里さんの弟子になった多華宮君だったが、すぐに覚醒するわけもなく頼りない新人魔法使いとして四苦八苦していた。そんな多華宮君の状況も関係なく襲いかかってくる魔女達。そしてクロノワールが多華宮達に接触する。多華宮君を求め集結してくる強力な魔女達に火々里さんはある決意をするのだが……。
【オススメコメント】
お兄ちゃん大好き妹キターーーー!!
「good!アフタヌーン」を読んでいれば作者コメントで分かった人も多いと思いますが、1巻で所々と背景キャラとして登場していた妹が過激に登場! 誰にもお兄ちゃんは渡さないオーラを放つ妹とすでに仄は私のモノとして確定している火々里さんとの女の戦いが始まるであろう2巻が楽しみで楽しみでなりません。 2巻の表紙は2人で飛んでいる綺麗なシーンとなっているが太股!オッパイ!が素晴らしくて多華宮君の視線がオッパイにいってても仕方がないでしょう。羨ましす……。そんなわけで?火々里さんの秘密や白いアレが遂にドビュっと…など2巻で物語が急速に動き出しました。
【サンプル画像】

蒼海の世紀 -王子と乙女と海援隊-(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-07
【作者】野上武志 × 鈴木貴昭  
【出版社】ジャイブ
【価格】¥648
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
坂本龍馬が暗殺されなかった歴史を歩んだ20世紀の日本。自分の血筋ゆえに子供の頃から差別をされてきた李家鳴海は少年時代の出会いからある艦に乗るために日本帝国海軍兵学校に入り、航海訓練に出ようとしていた。乗り込む鑑は海援隊戦艦「みさか」。鳴海が目標としていた戦艦は女性が中心で構成された隊によって動かされていた。居場所を探し、作り笑いに慣れてしまった少年はみさかで何を見いだすのか? 架空海洋戦記が開幕する
【オススメコメント】
戦う女の子は素敵で可愛くてちょっとえっちぃのです。
戦闘機に戦車とくれば今度は戦艦だ!同人誌で人気シリーズとして続いている「蒼海の世紀」が遂に単行本化! それぞれの信念を持ち戦う乙女が可愛くないわけがない!スカートでパンチラを披露しつつも戦いには真剣に、甲板では裸で身体を洗っても命令には命を惜しまずに。何事にも力強く生きている女の子の輝きがここにある。坂本龍馬が生き続けていたことで海援隊が残り続けてきた1914年、架空の日本を舞台にした海洋戦記です。戦いによって簡単に人は奪われ、汚され、死んでいった時代に女の子だらけの戦艦に乗艦することになった鳴海がどうやって生き延びていくのか?息をのむ海戦に心躍らせながら楽しむがいいっ!

となグラ!(13)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-07
【作者】筧秀隆  
【出版社】ジャイブ
【価格】¥617
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
香月と二人で母親の実家に初めて訪れる勇治はそこで父親と母親の馴れ初めの話をきく。父親の若き頃の写真への情熱。そして好きになった相手への想いを知り、勇治は決意する。勇治の決意とは?そして二人の未来は?感動の完結巻!
【オススメコメント】
1巻発売から7年、遂に完結です。出版社からの1巻発売前に発売告知のFAXで表紙を見てコレは売れると思いTOPページで大PUSH。あれから13巻まで続く長編になるとは思いもよらず。そして、しっかりと大団円で終わらせた筧秀隆先生とジャイブにありがとうと伝えたいですね。まあ、BADENDで終わるわけが無く、HAPPYENDで終わると分かっていても納得できる締め方をしてくれた「となグラ!」最後にいい作品だったねと言える作品になりました。

To LOVEる -とらぶる- ダークネス(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-04
【作者】矢吹健太朗  
【原作・原案】長谷見沙貴 
【出版社】集英社
【価格】¥514
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
【初版限定付録】「ブシロード ヴィクトリースパーク PRカード」
芽亜のマスターが発動した謎のダークネス計画が遂に本格的に動き出す。リトの妹・美柑にもその魔の手が迫り、助けに入ったヤミが大危険に…!?一方、モモの「楽園計画」も着々と進行し、エイトは休まる暇がない…。
第5話~第8話、番外編収録

鬼灯さん家のアネキ(3)

【ジャンル】コミック
【発売日】2011-07-01
【作者】五十嵐藍  
【出版社】角川書店
【価格】¥821
メール便可
通常便:翌営業日発送
【内容紹介】
・文化祭でハルが「ロミオとジュリエット」をやることを知った吾朗は京が相手と知って気が気でない。自分のクラスでも使い物にならない吾朗は何故か急遽馬役としてかり出されてしまい…
・自然に友人として水野と接していた吾朗だが、ある日クラスメイトに言われた言葉から水野を異性として気にしてしまう。勘違いした吾朗だったが、水野が吾朗に対して伝えたのは残酷な言葉だった。友人としても壊れてしまった二人の関係は修復することができるのか?
【オススメコメント】
ヒキコモリのダメ人間がいきなりハーレム展開なんかなるわけがないんだよ!という展開をしてくれる3巻。でも周りは女の子しかいねーよ……。姉貴大好きでブレなかった吾朗が少しブレてしまったがために、色々と起こってしまう3巻でもあります。普段は突き放して酷いことしてくる姉貴も吾朗の困っている時にはしっかりと助けてくれる。いいお姉さんだな~となんだかんだで姉弟である二人の関係にほのぼのとさせてくれます。 姉は欲しくても簡単にはできない。だから姉が大好きです。


本ホームページに掲載の画像・写真などを無断で複製することを禁じます。
Copyright (c) 2001 MANGAOH CLUB Inc. All rights reserved.