在庫20万冊はこちらから検索
商品
作者
購入特典リスト
限定版リスト

辺獄のシュヴェスタ /竹良実 特集

辺獄のシュヴェスタ


辺獄のシュヴェスタ(5)

【ジャンル】コミック
【発売日】2017-02-10
【作者】竹良実
【出版社】小学館
【価格】¥596
特典 メール便可
通常便:翌営業日発送

【購入特典】
購入特典として出版社さま描き下ろしペーパーがつきます。

【内容紹介】
神の目を欺け!修道院の秘密を前にエラは…

16世紀神聖ローマ帝国。
魔女狩りで天涯孤独となった少女・エラは
「魔女の子供達」を集めた女子修道院に収容された。
仲間達との友情をあたためて
穏やかな感情を覚えたエラだが、
処刑人となる“栄誉”を授かってしまう。
そして――友との日々にも新たな試練が…!?



【編集担当からのおすすめ情報】
エラと仲間達は「友情」という武器を手に、
ついに修道院に反逆します。
彼女達の勇気、ぜひ刮目してお読みください!!


辺獄のシュヴェスタ (1-5巻 最新刊) 全巻セット

【ジャンル】コミック
【発売日】2017-02-10
【作者】竹良実
【出版社】小学館
【価格】¥2,981
通常便:翌営業日発送


辺獄のシュヴェスタ(4)

【ジャンル】コミック
【発売日】2016-09-12
【作者】竹良実
【出版社】小学館
【価格】¥596
メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
エラの選択、仲間と共に居るということ。

希望は、どんなに遠くを見渡しても見つからない。
なぜならそれはいつも、手の中から生まれるものだから。

エラの復讐の標的、クラウストルム修道会総長・エーデルガルト。
加速する総長の野心はついにバチカンにまで手を伸ばした。
この修道院の中で幻覚を見せるクスリ漬けの食事を摂らずに
冬を越そうとするエラと同志たちは、
修道会への反逆を隠し生き延びるための策を練るが…!?

【編集担当からのおすすめ情報】
エーデルガルト総長が起こす「奇跡」は熱狂を呼び、
更に高い壁としてエラの前に立ちはだかる。
孤軍奮闘していたエラに仲間ができ、共に運命を託し合う姿に
しびれます!

辺獄のカレンデュラ(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2016-08-22
【作者】ハジ
【出版社】フロンティアワークス
【価格】¥700
BL メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
『辺獄』と呼ばれる死者の世界。私はここで、愛される喜びと絶望を知った…。

目が覚めるとそこは死者の国だった――。
生前、軍人だったこと以外の記憶がないカレンは、『辺獄』と呼ばれるこの国の管理人・マコトと共に生活をし始める。
己の罪を購うため、神から与えられた『死神』の任務をこなすカレン。
一途に想いを寄せてくるマコトに支えられ、彼への愛しさを募らせる。
しかし、マコトはいつか、朽ち果ててしまう泥人形だと知り…。
ドラマティックな世界観と魅力的なキャラが織りなす、切なくも愛しい、贖罪の恋。

辺獄のシュヴェスタ(3)

【ジャンル】コミック
【発売日】2016-04-12
【作者】竹良実
【出版社】小学館
【価格】¥596
メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
虎視眈々と復讐の刻を待つエラだったが、夜エラの部屋で待ち構えていた上級生達に拘束され独房に収容されてしまう。 反逆者として死刑宣告をされるエラ。光が届かない独房で企みがばれたと焦るエラ。彼女に生き残る道はあるのか?

辺獄のシュヴェスタ(2)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-11-12
【作者】竹良実
【出版社】小学館
【価格】¥596
メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
修道院総長への復讐心を研ぎ澄ますエラは修道院を脱出するための抜け道を知っているテアに接触する。単独で脱出しようと画策しているテアに突き付けられたのは同じ抜け道で脱出したであろう少女たちが誰もが死んでいるという事実だった。 さらに一目を逃れるように生活する毎日に迷い始めるヒルデ。僅かなミスが命取りな状況でエラとカーヤはどうするのか?
【オススメコメント】
修道院って怖い……。萌えに飽きた人へ
メイドやら修道女達もカラフルでエロい格好してバトルする時代。全く色気も隙もドジっ娘もいない修道院で殺すことだけを考える修道女が主人公。この時代に逆らうような設定…大好きです!
目標は修道会総長に近寄ることができる3年後。3年間騙し続けることができるのか?と、読んでいる方も神経をすり減らしてしまいそうな展開が続きますよ。
唯一の救いは竹良実先生に描いて頂いた特典イラストですよ!本編では描かれないような満ち足りた3人の姿に妄想が膨らみまくりですよ!
コメント:星野 11/11UP
【サンプル画像】

辺獄のシュヴェスタ(1)

【ジャンル】コミック
【発売日】2015-06-12
【作者】竹良実
【出版社】小学館
【価格】¥596
メール便可
通常便:翌営業日発送

【内容紹介】
16世紀、神聖ローマ帝国。罪なき賢者が「魔女狩り」という名の迫害に遭った時代。魔女狩りを指揮する修道会の処刑で家族を失くした「魔女の娘」エラは、魔女の子供達を集めた女子修道院に収容された。激流のごとき変革の刻。聖母を形どった拷問具「鋼鉄の処女」と共に辿るエラの苛烈な運命を描く、サバイバル歴史大作…!!
【オススメコメント】
連載1話目から単行本発売を期待していた注目の作品です。
このところ中世ヨーロッパを舞台にした作品が増えてきたな~よきかなよきかな。と思っていたところに魔女狩りによって母を殺された少女が復讐のために修道院に入り、復讐を目論むという作品が登場しました。
描くのは『地の底の天上』というデビュー作で紙幣の絵師と贋作師の切ない恋物語を描いた竹良実先生。
『地の底の天上』については小学館のサイトで公開中です。→リンク(外部リンク)
反抗した者を躊躇わず殺し、クスリによって洗脳する恐ろしい修道院で復讐の術と脱獄への道を探すダークファンタジーとなります。 初単行本とは思えない活き活きとしている人物達や笑顔の奥に潜む恐ろしさをしっかりと描いています。 完全に管理された場所で生きなければいけない少女達の恐怖と順従、慣れていくことの恐ろしさも伝わってきます。
共に脱出しようとする協力者の存在。裏切り者。監視の目。近づいてくる狂気の影。エラの動向が気になる注目の1冊です。
コメント:星野 6/10UP
【サンプル画像】


本ホームページに掲載の画像・写真などを無断で複製することを禁じます。
Copyright (c) 2001 MANGAOH CLUB Inc. All rights reserved.